ピアノ実践の曲に飽きた時、倉庫から出てきた楽譜

小さい頃にピアノを習っていた自身。久しぶりにピアノを再始動して3ヶ月が経ちます。

弾こうというといった楽譜がいるわけですが、最初の楽譜見つけ出しでチェルニー30番ってコンコーネ50番が出てきました。

これは、中学校のときに用心になったテキストだ。他にもハノンやソナタアルバムにおいていましたが、いくら探しても出てこないのでこういう二つにおいてリハーサルを通じてきました。

適正、ソナタアルバムってハノンが出てここば一層リハーサルの違いが広がったのに。

ハノンって指リハーサル専用に作られているので、まじめにやれば指がスムーズに働くようになり、速弾きの曲で困らないらしき。

ソナタアルバムはチェルニー30番の発展みたいな感じなので、まだまだ上の状況を目指すにはぎゅっとだと想う。自身はそのうちしかやらずに終わってしまったので、

さらに真面目にやっておけばよかったという。もしも出てここば弾き倒したいのですが、気の毒。

なので、出てきた2つの楽譜で3ヶ月内練習してきたのですが、何十回といった弾いて扇動がなくなってしまった。

楽譜が出てくることを願って倉庫を物色していると、驚きが。

自身が期待したハノンというソナタは出てこなかったが、中学校時代にMusicの分野で使用したコーラスビッグイベントが出てきた。

土壌讃頌という青葉の歌の伴奏があるんだけど、中学校のときゆるゆるも指を置けなかった曲です。中途まで弾くのに1日にち上記かかったからやめた。

目下はじける自負あると感じたのでさくっと弾いてみたら、直感は正しかった。スラスラは弾けないけど、のほほんと15食い分ぐらいの日にちで弾き着ることができた。凄い躾だと亢奮。

キレイモの口コミ